ドレスとブーケ

結婚をしたけれど、結婚式を挙げていないカップルは多くいます。
結婚するときには、結婚式は興味がなく籍だけを入れたというご夫婦まいます。
時間がたつと、思い出の写真などもなく式だけでも挙げておけばよかったという人がいます。
そんな人たちのために格安の結婚式式場があるのです。
二人だけの結婚式から家族までの式までとカップルのニーズによって形は違います。
料金も安く、思い出に残る式のためには充分な金額です。

式場はキリスト教式、人前式、神前式と選ぶことができます。
憧れの白無垢やウェディングドレスを着れなかった女性は格安の結婚式をすることで、着ることができます。
金額以上に感動が生まれるので、式だけでもというカップルが多く利用するようになりました。
豪華な挙式、披露宴にはない思い出つくりを提供しているこの結婚式の式場です。
いろいろな理由でそのときにできなかったことが時間を経てできることは、新しい絆や思い出を作るお手伝いなのです。

ためになる事

人生において結婚式というのは、とても大きな行事であり、本人はもちろんのこと親族も関わる大切な行事です。
結婚式にかかる費用は、一般的に自己負担分で300万円から350万円必要だと言われています。
2人での新生活が始まるので、結婚式や式場にかかる費用を抑え、そちらの費用にまわしたいものです。
結婚式にかかる費用をより格安にするためには、様々な方法があります。

まず第一に、ウエディングアイテムを自作するというものです。
式場には、座席表、ウエルカムボード、料理メニューなどの紙を使ったものが多く使われています。
これらを結婚式の式場に準備してもらうのではなく、自分たちで手作り、準備することで、費用を格安に抑えることができます。
ただし、招待客が多ければ多いほど、2人の作業負担は大きくなるので、時間的な負担もかかります。
2つ目に新郎新婦の衣装代です。
これを式場側で借りるのではなく、外部の店舗などで自分たちで借りてくること、準備することで格安に抑えることができます。
式場にはないようなデザインのものを準備することも可能なので、オリジナリティあふれる結婚式が作れます。
3つ目に、写真・映像代です。
式場によっては、専属のカメラマンが式中の写真やビデオを撮影してくれます。
専属のカメラマンによる撮影は、前撮り撮影のみにし、当日は友人や親戚の人たちに撮影してもらいます。
それを自分たちで編集することで、オリジナルのアルバムやビデオを作ることができ、費用を格安に抑えることができます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031